【脱マウス】Fnキーは2つめの機能を有効にする【移動が楽になる方法も☆】

「Fn」って何のキー?使ったこと無いんだけど…

Fnキーは「ファンクションキー」と読みます。

1つのキーに2つの機能が割り当てられている場合があります。

Fnキーは2番目の機能を有効にするのに使います。

Fnキーの機能

Fnキーはキーボード左下隅にあります。

キーボードによって、下の写真のように四角で囲われていたり、別の色になっていたりします。
(キーボードによる)

ちなみに、yu-taのデスクトップPCのキーボードのFnキーは「囲み」タイプです。

矢印のキーを見てみましょう。

Fnキーと同じように四角で囲まれた文字が書かれていますね。

これらがFnキーで有効になる2つめの機能です。

Fnキーを押したとき、「Home」「End」「PgUp」「PgDn」という機能が有効になるというわけです。

Fnキーを活用した省スペース化

大きなキーボード(一般に少し古いタイプ)には、独立した「Home」「End」「PgUp」「PgDn」キーがあります。

こんな感じです。

しかし最近ではキーボードは小型化の傾向にあり、これらの機能は矢印マークのキーに2つめの機能として振り分けられています。

Fnキーを活用した複数機能のキーの数は、以前より増加傾向にあります。

キーボードの省スペース化に利用されているというわけですね。

ご自身のパソコン(あるいはノートパソコン)のキーボードを確認してみてください。

【Fnキー】+【矢印キー】で快適に移動

矢印キ-に割り振られた「Home」「End」「PgUp」「PgDn」の機能は「移動」です。

検索エンジンの検索結果ページやサイトのページ上、Wordなどのアプリ画面上での上下動(スクロール)に使えます。

【Home】【End】

「Home」機能は【←】の矢印キーに割り振られていますね。

これはページのトップに移動するための機能です。

長いページを読み進めていて、途中でトップに戻りたいとき、「Home」機能で一瞬で戻れますよ。

快適です☆

一方、【→】に割り振られた「End」はページの末尾に飛ぶための機能です。

  • 【Fnキー】+【←Homeキー】=ページ先頭へ
  • 【Fnキー】+【→(End)キー】=ページ末尾へ

【PgUp】【PgDn】

「PgUp」は「Page Up」の略です。ページの上への移動です。

「PgDn」は「Page Down」、ページの下への移動です。

いずれも、パソコンモニターに表示される画面1つ分の移動です。

1・2行分重複して表示されますので、迷子になりませんよ。

  • 【Fnキー】+【↑(PgUp)キー】=ページ上へ
  • 【Fnキー】+【↓(PgUp)キー】=ページ下へ

マウスなしの場面で便利☆

いかがでしょうか。

Fnキーはあまり使ったことが無い人が多いと思います。

でも、Fnキーを理解すれば、これまで触ったことのなかった機能を使いこなせるようになりますよ。

まずは、ここでご紹介した【Fnキー】+【矢印キー】、とっても便利ですのでぜひ活用してください☆

マウスが使えないシーンでのスクロールやトップ・末尾への移動が容易になりますよ♪

もう少し加筆しますが、いったんここまでで記事をアップロードします☆

快適なパソコンで仕事高速化!

仕事に自信をつけて次を狙おう

コメント