【パソコン仕事術】Google日本語入力で単語登録【爆速必須】

パソコン作業をもっともっと速くするにはどうしたらいい?

Google日本語入力を使うだけで、かなりパソコン作業が効率化されることは間違いなし。

さらに高速化をねらうなら、単語登録です。

Google日本語入力の単語登録機能を呼び出す(個別)

その場ですぐに1つだけ登録したい!という場合、以下の2通りの方法があります。

  • ショートカットを使う
  • オプションから選択する

ショートカットを使う

単語登録のショートカットは、
Ctrl + F7
です。

ショートカット(Ctrl + F7)を使う場合、事前にプロパティ設定のところで、キー設定を「ATOK」にしておく必要があります。

オプションから選択する

もうひとつは、タスクバーの「あ/A」の文字の上で右クリックしてオプションを表示し、「単語登録」を選択する方法です。

辞書ツールを呼び出す方法(一括)

一度にまとめて単語登録を済ませてしまいたい場合、辞書ツールを使いましょう。

単語登録画面から

「ユーザ辞書の編集」をクリックして、辞書ツールを開く。

オプション画面から

あるいは、オプションで「辞書ツール」を選択します。

登録方法

どちらからでも同じで、開くとこんな感じです。

「追加」をクリックすると入力欄が作成されます。

ここに「よみ」「単語」を入力して単語登録を行います。

「追加」をぽんぽんと押すと、入力欄がぽんぽんと作成されます。

仕事がはかどる単語登録のコツ

では、単語登録をしていきましょう。

でも、やみくもに登録しない方がいいですよ。

少ないキータッチで出したい単語や文がすばやく出てくるようにするには、戦略的に単語登録を行う必要があります。

コツはズバリ、

アルファベットを絡めること

こんな感じです。

  • 子音字のみ
  • ひらがな(子音字+母音字) + 子音字

子音字とは、母音(a、e、i、o、u)以外のアルファベット文字。

b、c、d、f、g、h、j、k、l、m、n、p、q、r、s、t、v、w、x、y、z

具体的に見ていきましょうね。

子音を使う

ローマ字入力の状態でアルファベットの子音字を押しても、候補はほとんどできません。

同じアルファベットの文字のバリエーションが出てくるくらいです。

逆に母音の「a」を押すと候補は78個もあります!

そう、子音の入力では候補やサジェストといった「じゃま」が入らないのです。

これを利用しましょう!

「括弧(カッコ)」や「記号」を単語登録しよう

文の中で頻繁に登場する「括弧(カッコ)」や「記号」。

Shiftキーを押しながら別のキーを押すので、入力のスピートがどうしても落ちてしまいます。

これらをまず呼び出しやすくしましょう。

カッコの登録

辞書ツールを呼び出し、以下のように登録してみましょう。

「c」を1回押す と「」、「c」を2回押す と「 」になる単語登録です。

  • 「c」を1回押す →カッコ
  • 「c」を2回押す →「 )」カッコとじる

こんなふうに呼び出されるように登録しておくと大変便利です!

ちなみに、ローマ字入力の状態で「c」を2回続けて押すと、「っc」と変換されます。

そのため、の「よみ」は「っc」の状態で登録します。

なぜ「( 」が「c」シーなのか?っていうのは、「( 」と「c」、なんとなく形が似てるでしょ?
それだけです。

自分が覚えていられる自分ルールで登録しましょう。

しくみが分かれば、

「 」

【 】

これらも同じ理屈でいけますよ。

  • 「k」(kを1回)→ 「
  • 「っk」(kを2回)→ 」
  • 「s」(sを1回)→ 【
  • 「っs」(sを2回)→ 】

「k」はカッコの「k」、「s」は墨塗り(すみぬり)カッコの「s」です。

【 】は案外使う機会が多いですよね。

これが「s」1回、「ss」と「s」2回のキータッチで呼び出せるのはかなり便利!

超おすすめです!

多用するが変換がめんどくさい単語を登録しておくと、作業が加速しますよ。

記号の登録

おすすめの記号の登録をご紹介します。

「!」と「?」だけでもいいと思います。

  • 「j」→ 「!」
  • 「q」→ 「?」
  • 「f」→ 「→」
  • 「r」→ 「←」
  • 「d」→ 「↓」

あまり多いと覚えられないので、ひとまずこのくらいで。

「j」で「!(エクスクラメーションマーク)」を呼び出せるように単語登録します。

「j」と「!」、なんとなく形が似ているでしょ?

「q」は「?(クエスチョンマーク question mark)」の「q」です。

あと「矢印」です。

「f」は「→(前方へ forward)」の「f」。

「r」は「←(後方へ return)」の「r」。

「d」は「↓(下方へ down)」の「d」。

※上向きの矢印はあまり使わないので省略。

ひらがな + 子音字 も便利です

はじめは変な感じがするかもしれませんが、直感的でもあり、案外便利なのです。

以下は私yu-taが使っている「ひらがな + 子音字」の単語登録です。

  • 「あr」(a + r)→ ありがとうございます。
  • 「いt」(i + t)→ いつもお世話になっております。
  • 「おt」(o + t)→ お疲れ様です。

文書でのやりとりには欠かせないお決まり表現ですね。

これらは単語登録してしまうのがベストです。

【子音字2つ】【ひらがな2つ】も有り☆

アルファベット子音字の数は限られますので、子音を2つを組み合わせたものでもいいですね。

例えば、長いメールアドレス。

watanabe○○○○○@gmail.com

を出すのに、「w+g」で登録しておけば、2文字のタイピングで済みます。

「ひらがな + ひらがな」も、ほかの変換候補がでてこないものなら使えます。

たとえば、yu-taが登録しているのはこれ。

「どぞ」(d+o+z+o)→ どうぞよろしくお願いいたします。

めちゃくちゃ多用しています(笑)

少しの手間で作業爆速☆

いかがでしょうか?

上の要領で単語登録、やってみてくださいね。

10個ほど登録するだけでも全然違いますよ。

地味な仕込みが差を生みます。

トライしてみてくださいね。

快適なパソコンで仕事高速化!

コメント