【脱マウス】Shiftキーで範囲選択する【縦方向も使おう】

文書の一部をコピーして別の文書にペースト。

パソコンでの仕事中によくやる作業です。

マウスの左ボタンを押しながら、選択されているか確認しつつマウスを移動させて…

ってやっていませんか?

もちろん、マウスでのドラッグの方が便利で早い場合はOKです!

時と場合によりにけり、です。

ですが、

  • マウスが使えない・使いにくい場所での作業
  • 半角で文字の切れ目の判別しにくい語や文の一部を選択する
  • ある程度広い範囲を選択する

そんな場合、

【Shiftキー】+【→】【←】【↑】【↓】(矢印キー)

が便利です。

見ていきましょう☆

全選択は【Ctrl】+【A】

範囲選択の中でも、全選択に関しては【Ctrl】+【A】でした。

全選択については、

【Ctrl】+【C】(コピー)

【Ctrl】+【V】(ペースト)

【Ctrl】+【X】(カット)

これらとお仲間、と考えておけばいいのではないですかね。

範囲選択:【Shiftキー】+【矢印キー】

矢印キーを押してみてください。

カーソルの位置が右へ移動、左へ移動、あるいは上の行、下の行へと移動しますね。

でも、【Shiftキー】を押しながら【→】を押すとどうでしょうか?

Shiftキーを押し始めたところから、文字が選択されていきますね。

【Shiftキー】は選択しない」(1階)から「選択する」(2階)へのシフトです☆

細かい範囲の選択は【Shiftキー】+【→】【←】

【Shiftキー】+【→】で1文字ずつ選択できます。

細かい範囲の選択に向きますね。

選択範囲が多すぎたら、反対矢印【←】で選択範囲を削ることもできます。

あるいは、【Shiftキー】+【←】で左方向に選択していくこともできます。

ある程度広い範囲の選択は【Shiftキー】+【↑】【↓】

【Shiftキー】+【↑】【↓】は縦方向に行単位で文字選択をすることができますよ。

行単位ですから、一度に選択する文字数が増えますね。

微調整は【→】【←】を使って行えます。

範囲選択はカーソルを置いた位置からスタートです。

【↑】で上方向に一行分ずつ選択することもできます。

マウスと併用で早く正確に範囲選択☆

範囲選択をすべてキーボードのショートカットで行う必要もありません。

選択のスタート始点にカーソルをもっていくのはマウスを使うほうが早くて便利でしょうね。

全選択できないが、ある程度広めの範囲を選択する

非常に細かい半角英数の文字列を数文字だけ選択する

そういったとき、ここでご紹介した方法が役に立つかと思います。

使ってみてくださいね☆

快適なパソコンで仕事高速化!

コメント